部門紹介

診療部

栄養管理室

栄養管理室では、「健康は食生活の改善から」をモットーに、安全でおいしい病院食の提供に努めております。
病院食では、各種疾患に対する特別食や形態調整食、旬の食材を取り入れ季節に合った行事食の提供を行っております。また、献立の公開、栄養だよりによる栄養教育の啓蒙にも努めております。
臨床においては、褥瘡対策チームのメンバーとして、栄養アセスメントの実施、病棟カンファレンスへの参加、外来・入院における集団及び個別の栄養指導を行っております。
栄養指導:外来個人栄養食事指導、入院個人栄養食事指導、入院集団栄養食事指導

食事提供概要

食事時間

朝食 7:00、昼食 11:50、夕食 18:00

食事場所

各病棟ホール(病状により自室の場合もあり)

食事内容

朝食 約250食、昼食 約300食(精神科デイケア食を含む)、夕食 250食

対応食種

一般食 : 常食、軟菜食・分粥食・流動食
特別治療食 : 糖尿食、膵臓食、肝臓食、心臓食、高脂血症食、腎臓食、潰瘍食、痛風食、貧血食、高血圧食、肥満食、嚥下食、濃厚流動食、重症児食、その他指示により対応
適時適温給食 : 温冷配膳車を使用
食器 : 料理に合わせた食器40種
非常食 : 3食分